2018年09月08日

北海道胆振東部地震

6日午前3時過ぎに発生した
北海道胆振東部地震によって全道が停電状態となり、
作業所は6日(木)、7日(金)と2日間臨時休業となりました。
幸いスタッフ、利用者さんに建物や外傷などの被害はありませんでした。

停電に伴いマンションなどでは断水状態となり、
私も、こんな非常時のために買い求めてあった数本のペットボトルの水を
大切に大切に使いながら2日間過ごしました。

停電の解消には地域差があり、道一つ隔てたマンションに
煌々と明かりがともっているのに、こちらは真っ暗。
もうすぐ明かりが来ると待ちに待って26時間以上が過ぎた7日午後8時半ごろに
ようやく停電が解消され、明かりが灯り、水道も復旧したのでした。

そして今日8日(土曜日)、作業所を再開し、給食の提供も行いました。
食材は職員が昨日から何店かのスーパーを回り買い求めてくれた食材に、
階下の生協で買い求めてくれた鶏肉などを使った温かい手料理でした。
生協は開店前からお客さんの長い列ができていて、
鶏肉もタッチの差で買えたようです。

2日間の明かりのない夜を過ごした、そして明かりがつくのが
今か今かと待ち続けるストレスは大きかったようです。

朝、出勤して来た皆さんは、2日間の出来事を一気に吐き出すように話していました。
posted by masao at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。